24時間営業について


どうもパッソです。

コンビニ最大手セブンイレブンが24時間営業に関して、一部店舗で実験的に

午前7時から午後11時までに営業時間の変更

をするようです。

コンビニの24時間営業の初めは1975年からです。

現在では当たり前になっている、コンビニの24時間営業。

実際私も大学時代コンビニで23時から朝の8時までの時間帯に

アルバイトをしていたことがあります。

深夜の方がお客さんも少ないし楽だろう、という理由からでした。

また、深夜は時給も通常よりも高いのでその点も魅力でした。

深夜のアルバイトをしていて困ったことは案外少なく、むしろ快適に働けていました。

しかし、たまにではありますが、ガラの悪い連中が入店してきて、

お店の中でうるさかったことがあります。

女性が勤務していることはあまり見かけませんが、

深夜の時間帯はそういった面では危険性も伴ってくると思います。

働く環境の1つという面では、

労働者を増やせるというメリットはあるかと思いますが、

お店によっては全くお客さんが来ないということで、

開けていても経費が掛かるだけのお店もあると思います。

また、人の確保の面でも難しいかもしれません。

ケース・バイ・ケースでお店ごとに営業時間の指定ができれば、

より利益を生んだり、経営者の幸せにも繋がることと思います。

コンビニ=24時間営業

各コンビニで、店舗によって営業時間が違うとなれば、

お客さんからの誤解も発生し、信用問題に繋がることも懸念されます。

しかし今の世の中、便利になり過ぎていると私は感じます。

24時間年中無休の店舗が有り、スマホ1つで連絡や調べ物、

ネットショッピング、ネット予約あらゆることがすぐにできます。

不便な方がいいということではなく、

便利で何でも出来る世の中であるからこそ、

何事にも柔軟に対応できるのではないかと思います。

ここはこういうルールだから、絶対に変更できない。

と始めから突っぱねていては、新しいことも発見できないかもしれません。

今年のGWは10連休です。

カレンダー通りが当たり前の日本国民が全てではありません。

事実10連休がいいと思うと、なくていいと思う人の比率は約50%ずつでした。

臨機応変、柔軟な対応力。

便利だからこそ、できることだと思います。

ほしたら(@^^)/
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE