当たるぞ!プロ野球順位予想パ・リーグ編 



どうもパッソです。

ということで、パ・リーグの順位予想やっていきます。

 

セ・リーグ

パ・リーグ

1位

広島カープ

ソフトバンクホークス

2位

横浜DeNA

北海道日本ハムファイターズ

3位

読売ジャイアンツ

楽天ゴールデンイーグルス

4位

阪神タイガース

西武ライオンズ

5位

ヤクルトスワローズ

千葉ロッテマリーンズ

6位

中日ドラゴンズ

オリックスバッファローズ

こちら順位予想表です。

ではソフトバンクについてですが、

こちらは打力に関しては申し分ないでしょう。

1番から9番まで気の抜けない打線で、

相手投手はある種絞って投げないと行けないでしょう。

昨年は途中から離脱したサファテ選手ももうすぐ復帰ということで、

投手力も先発の軸もいて、さらにはドラフト一位の甲斐野選手も

新人王候補として即戦力となるでしょう。

2位につけました日ハムです。

チームのムードという面では球界一ではないかと

思います。巨人からトレードで移籍した大田泰示選手は、日ハムにて

持ち前の打力を存分に出しています。

4番でもおかしくない彼が1,2番にいる打線は怖いです。

投手では今年オリックスからFAにて加入した金子選手

私の大好きな選手の一人です。

近年では思うような成績が残せていませんが、今年のピッチングに期待です。

3位の楽天は、開幕直前に則本選手が戦線を離脱してしまい、

不穏な空気になりました。更には開幕戦にて、

岸選手も下半身の異常から急遽降板

そのまま登録抹消となってしまいました。

そんな空気を振り払ってくれているのが打撃陣です。元気抜群です。

特にはウィーラー選手が現在ノリに乗っています。

FAにて加入した浅村選手もオープン戦の成績とは打って変わって、

チームの主軸となっています。

エース二人りが不在の今、何とか持ちこたえてほしいです。

安楽選手が登録され若き力で引っ張っていってほしいです。

4位西武に関しては、Aクラス入りは接戦となりそうです。

3位の楽天の投手事情がなければ分が悪いかなと思いましたが、

現在の状況ではわからなくなりました。

なんといっても、菊池選手、浅村選手の移籍は大ダメージです。

それでも、十分なくらいの攻撃力はありますが、

投手面に課題が残るのではないかと思います。

2018年の防御率も12球団で11位

と低い結果になっています。

今ドラフトで獲得した即戦力となる松本選手に期待したいです。

5位ロッテは現在育成中といっても

いいのではないでしょうか。

数年後に必ず上位チームを脅かす存在になる

と思います。

フレッシュなチームだと感じています。

6位オリックスは先発2選手が抜けた穴は大きいです。

投手陣が安定していないのかなという印象があります。

打撃面ではいわゆる強打者が揃っていて、

小技を活かせる打者も必要になってくるのではないかと思います。

 

以上12球団の私なりの批評ですが、書いていて思ったのは

セ・リーグは横浜

パ・リーグはロッテ

今シーズンは興味が湧いてしまいました。

 

今シーズン、始まったばかりです。

約半年間一緒に楽しみましょうーー!

 

 

ほしたら(@^^)/





NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE