インバウンド消費(49日目)



日本の主な消費に関して、決して無視できないのが、

訪日客の消費です。

私が住んでいる高知にも年に数回、大型旅客クルーズ船が

来航しています。

日本には様々な観光資源があり、

2011年から2018年にかけて、

観光客数は伸び続けています。

また東京、大阪、京都といった大都市から地方へといかに、

誘致するのかも課題のようです。

東京へ行ったときに、浅草の雷門を歩いていると、

お店の人たちは当たり前のように英語を話せていました。

そういったことに関しては、地方は訪日外国人も多くないので、

必要ではないということでのスキルの問題や、人手不足など、

現段階では、確実に増えている観光客数に対しての、

準備不足というものは否定できないのかなと感じました。

日本国民による、国内消費の増加が見込めない現状、

外国人観光客の需要というものは、

これからもっともっと必要になると感じています。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE