【必見】楽に貯金をするテクニック公開



どうもパッソです。
style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-1225382874262347"
data-ad-slot="8634818780">


毎月のお給料日って、すごく楽しみですよね!

今月はなにを買って、どこに行って、、、、、

って貯金もしないといけないしー、

お金の使い方ってすごく難しいですよね。

でも結局は自分が満足していれば、それで正しいのですが、

楽に、簡単に、

ちょっとの我慢でお金が扱える方法があれば、、、、

今回はお金の貯め方でお勧めのテクニックがあるので、

そちらを紹介したいと思います。

方法は簡単です。



まずは、
自分が自由に使えるお金5で割る。
そこで出てきた数字を更に7で割ります
この方法で出てきた数字があなたが1日に使えるお金です。

そうすると月末には最初に5で割った数字分のお金

が大体残っているはずです。
この方法で、少しの我慢でお金を貯めていくことが出来ます。



では詳しく解説していきます。

まず始めに自分の収入から固定費を引きます。

このとき多少変動するもの(光熱費など)は、

ざっくり多めに見ておいた方がいいかもしれません。

5,6000円ならば、10000円

計算してもいいかもしれません。

いけないのはギリギリで計算してしまうことです。

貯金もこちらの固定費に入れていいです。

さて次に、収入から固定費を引いて残ったお金を5で割るのですが、

例えば、20万の収入があり、固定費で10万円

残ったお金が10万円だとします。
そうしますと、100,000÷5=20000
この20000円が1週間に使えるお金の上限です。

ここで数字の「5」というのは、1ヶ月の週間数を表します。

1ヶ月は約4.4週間で30.8日となります。

したがって、5週間分で計算した20000という数字、

その分がざっくり残る計算になります。

1週間での管理が可能であれば、それで大丈夫なのですが、

更にそこから7日間という意味で、

20000÷7=2857

これが、1日に使えるお金ということになります。

ここまで細分化すると、分かりやすいですね。

寧ろ、1日に2800円も使えるということに驚きます。

このように1ヶ月を細かく区切って見ることによって、

比較的簡単にお金を貯めることができます。

応用次第では他にも、始めに割る数字を5ではなく6にすると

出てきた数字の2倍のお金が残る計算になります。

最初の固定費に貯金分も合わせていれば、

それもプラスなので、更にお得感が出ますね!

この方法で、一日の消費を考え、
楽にお金を貯めていきましょう!
ほしたら(@^^)/
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE